藤田浩一|音楽プロデューサー

REVIEW

トライアングルサウンドレビュー
You-Ju(優樹)さんによる藤田浩一氏に関連した作品についてのレビューです。

2021年8月23日【その1】
MOVIN’GROOVIN’[CDアルバム] KAZZ(川上和之)

近年、日本の70年代80年代中心の「シティポップ」が、高く再評価されており、林哲司さん作曲の「真夜中のドア」が音楽配信で世界的に再ヒットしたり、角松敏生さんや山下達郎さん等の楽曲が改めて人気となっています。
藤田浩一さんが運営した「トライアングルプロダクション」に所属したアーティストが織りなしたサウンドは、まさに、和製シティポップ・和製AORの王道であり、トライアングルサウンドとも総称されています。
(筆者は、トライアングルサウンドに感銘を受け、今も大好きであり、それをオマージュした楽曲創作活動も行なっております。)
そんなトライアングルサウンドや関連した作品の中から、筆者の思い入れの強い楽曲やアルバムについて、個人的見解ではありますが、レビューを書かせて頂きます。
なお、トライアングルサウンドの中心は「オメガトライブ」による楽曲と思っておりますが、まずは、あえて(笑)、オメガ以外のアーティストからご紹介していきたいと思います。


第1回目は、KAZZさんのアルバム「MOVIN’GROOVIN’ (1992年発売)をご紹介します。


KAZZさんは、現在は「川上和之」としてミュージカル等でご活動されているみたいですね。 アルバムの収録楽曲は以下のとおりです。


MOVIN' GROOVIN/KAZZ

1 「夏の扉」
作詞:川上和之・藤田浩一、作曲:林哲司、編曲:林哲司・中村圭三
2「最後に消えた虹の色」
作詞:川上和之、作曲:川上和之、編曲:志熊研三
3「BEST FRIENDS」
作詞:川上和之、作曲:藤田浩一、編曲:新川博
4「SPEED OF LIFE」
作詞:川上和之、作曲:川上和之、編曲:新川博
5「南風と海流に出会う島」
作詞:藤田浩一、作曲:川上和之、編曲:新川博
6「遠い約束」
作詞:川上和之、作曲:HAPPO、編曲:新川博
7「青空に追いついて」
作詞:川上和之、作曲:川上和之・仁科かおり、編曲:新川博
8「あの日、決めたのは」
作詞:川上和之、作曲:川上和之、編曲:志熊研三
9「始発」
作詞:川上和之、作曲:川上和之、編曲:新川博

ご本人による楽曲も多いですが、林さん、新川さん、志熊さん他トライアングルサウンドでお馴染みのかたがたが関わっています。プロデューサー藤田さんによる楽曲もありますね。
また、編曲でご参加の中村圭三さんは、DARTSというバンドのメンバーですが、DARTSは秋元康さん&林哲司さんのプロデュースでデビューしており、(トライアングルプロダクション所属ではありませんが)いつかレビューさせて頂きたいバンドです。

さて、本アルバムの中で、筆者の思い入れが特に強い楽曲は(1)夏の扉(3)BEST FRIENDS(6)遠い約束、の3曲です。
「夏の扉」は、全体的な雰囲気としては「ふたりの夏物語(杉山清貴&オメガトライブ)」に近いですが、メロディは「ふたりの夏物語を、マイナーコードベースで解釈を変えているような感じと思いました。
「BEST FRIENDS」は、イントロから鳴り響くギターのカッティングが心地よくカッコイイ曲ですね。Aメロ・Bメロと哀愁感のあるメロディで、サビで雰囲気が変わるのも良いですね。
「遠い約束」は、筆者はアルバム中で一番好きな楽曲です。16ビートで展開し、サビの品のある哀愁感が絶妙で素晴らしいと思いました。
(今後のレビューでも、「哀愁」という表現が多く出てくるかもしれませんが、私にとっては大事なキーワードです(笑))
その他の楽曲でも、本アルバムが藤田さんのプロデュースということもありますので、オメガトライブに通じる表現が散りばめられていますが、「南風と海流に出会う島」は、リゾート感の有るオメガに近いバラードですし、「青空に追いついて」のイントロはオメガの楽曲を強く想起させるものでした。
全体的に、爽やかなリゾート感と哀愁感がマッチしたアルバムです。

2021年8月28日【その2】
QUARTERBACK [CDアルバム](池田政典)

第2回のレビューでは、近年は俳優としてご活躍されている池田政典さんのファーストアルバムである「QUARTERBACK(1987年発売)をご紹介します。
池田さんは当時トライアングルプロダクション所属で、アルバムのプロデュースは藤田浩一さんです。
アルバムの収録楽曲は以下のとおりです。


MOVIN' GROOVIN/KAZZ

1「NIGHT OF SUMMER SIDE」
作詞:売野雅勇、作曲:NOBODY、編曲:新川博
2「BEAT OF CLASH」
作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:船山基紀
3「ALL OR NOTHING」
作詞:青木久美子、作曲:杉山清貴、編曲:船山基紀
4「SHADOW DANCER」
作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:船山基紀
5「ROOM OCEAN VIEW」
作詞:田口俊、作曲:杉山清貴、編曲:新川博
6「BURNING EYES」
作詞:風見律子、作曲:和泉常寛、編曲:船山基紀
7「RIVER SIDE ジレンマ」
作詞:青木久美子、作曲:杉山清貴、編曲:船山基紀
8「LET ME LOVE」
作詞:藤田浩一、作曲:西原俊次、編曲:新川博

本アルバムは、作詞で売野雅勇さん、田口俊さん、青木久美子さん、作曲でオメガトライブのメンバーや、林哲司さん、和泉常寛さん、編曲で新川博さん、船山基紀さん等、トライアングルサウンドに関わったかたがたがオールスターズで参加しているような作品ですね。プロデューサー藤田さんご自身の作詞曲もありますね。
本アルバムの中で、一般的な知名度が高い楽曲は、アニメ『きまぐれオレンジ☆ロード』の主題歌でありトップテンヒット曲になった「NIGHT OF SUMMER SIDE」かもしれませんが、その他にも素晴らしい楽曲が収録されています。

本アルバムの中で、筆者の思い入れが特に強い楽曲は(2)BEAT OF CLASH(4)SHADOW DANCER、の2曲です。
「BEAT OF CLASH」は、打ち込みの軽快なアレンジをバックに、心地良さも感じられる哀愁感のあるメロディの楽曲です。
「SHADOW DANCER」は、1986オメガトライブの初期の楽曲に通じる世界観で、16ビートに乗せたメロディが素晴らしく、筆者はアルバム中で一番好きな楽曲です。彼のセカンドシングルでしたね。
その他の楽曲では、「ROOM OCEAN VIEW」と「LET ME LOVEの印象が強く残ります。 どちらも都会的なバラードですが、それぞれ違う個性が有ります。「ROOM OCEAN VIEW」は、歌詞は海辺の物語ですが、メロディとアレンジで都会的な恰好良さがあります。「LET ME LOVE」は、かなりカルロスオメガの楽曲の雰囲気に近いバラードで、「Stay Girl Stay Pure」を想起させます。
その他にも良い楽曲が目白押しの素晴らしいアルバムです。

2021年9月15日【その3】
「風のPassword」「春のモーニング・トレイン」「青春のOne-way Ticket」[EPレコード](井浦秀知)

第3回のレビューでは、当時俳優・歌手としてご活躍されていた井浦秀知さんのシングルレコード3部作(1985年~1986年発売)をご紹介します。
本作品もプロデュースは藤田浩一さんです(私の手持ち資料では、正確なエビデンスはありませんが、間違い無いと思われます)。
おそらく、今までCD化はされていないと思われますので、今後是非CD化をお願いしたい作品です。
レコード3枚の収録楽曲は以下のとおりです。


風のPassword

1風のPassword
作詞:青木久美子、作曲:林哲司、編曲:林哲司
2Title Back
作詞:青木久美子、作曲:林哲司、編曲:林哲司

春のモーニング・トレイン

1春のモーニング・トレイン
作詞:青木久美子、作曲:林哲司、編曲:新川博
2雨のストーリー
作詞:有川正沙子、作曲:林哲司、編曲:志熊研三

青春のOne-way Ticket

1青春のOne-way Ticket
作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:新川博
2September Wave
作詞:有川正沙子、作曲:林哲司、編曲:新川博

これら3枚のレコードでも、作詞は青木久美子さん、有川正沙子さん、売野雅勇さん、作曲は全て林哲司さん、編曲で林哲司さん、新川博さん、志熊研三さん、とトライアングルサウンドではお馴染みのかたがたが参加されています。
当時トライアングルプロダクションでは、菊池桃子さんが女性アイドル路線で多くのヒット曲を生み出しましたが、井浦さんの作品は、菊池さんの楽曲の路線の男性版というようなイメージも有ります。「青春」の匂いが爽やかで鮮やかな路線です。
レコード表題曲は3曲とも、筆者の思い入れも強いですが、特に「風のPassword」「青春のOne-way Ticket」は秀逸だと思います。
風のPasswordは、シンセサイザーとギターのカッティングの印象的なイントロから始まり、打ち込みのベースラインが心地良く展開し、Aメロ・Bメロとも爽やかな哀愁感を持ちながら、サビのメロディでインパクトが爆発する感じですね。
青春のOne-way Ticketは、タイトルどおり「青春」のイメージを強く持つ曲で、上品なサビのメロディが、とても印象的です。
なお、カップリング曲の中では「雨のストーリー」が、強く印象に残りました。 オメガトライブの雰囲気にかなり近い曲で、メロディ・アレンジとも、素晴らしいと思います。 繰り返しになりますが、是非CD化されてほしい3作品です。

ページトップへ戻る