藤田浩一|音楽プロデューサー

REVIEW

FAN'S REVIEW
Shinichi-Yo.さんによる藤田浩一氏に関連した作品についてのレビューです。

トライアングルサウンドは永遠に。

杉山清貴、カルロス・トシキ、新井正人がボーカルを務める“オメガ(トライブ)サウンド”、いや菊池桃子等を含め、藤田浩一プロデューサーが企画し実行したコンセプト及びその作品群=“トライアングルサウンド”は、詩曲はもちろんのこと、CD(レコード)のジャケット写真や演奏時の衣装等に至るまで都会的でおしゃれで洗練されており、時代を超えた普遍的な魅力を持っていると思います。2004年と2019年の杉山清貴&オメガトライブ再結成ツアー、2017年のカルロス・トシキ復活ツアー、いずれもほぼ全公演が完売した事実は、その証左の一つではないでしょうか。

「アイドルが歌っている」という見られ方が付きまとった菊池桃子の曲、そして人気アイドルの転身失敗例として挙げられるのみだったRA MUの曲も、オメガトライブ共々、ここ数年のシティポップ・ブームにより再評価されているのは嬉しい限りです。1970~80年代、約15年の流行期間中にも様々なサウンドの変遷を遂げたシティポップですが、トライアングルサウンドはその“最終進化形”だと思っています。

 この度、本文を寄稿させて頂くにあたり、改めて読み返した本があります。「杉山清貴&オメガトライブ 35年目の真実」(梶田昌史・田渕浩久著/DU BOOKS)。内容のメインである林哲司や康珍化らへの撮り下ろしインタビュー記事の中に、藤田さんのお人柄が伺えるエピソードがたくさん出てきます。本書以外でそういう内容が書かれた記事・文献等はほぼ皆無であり、藤田ファンにとって大変貴重な一冊です。
 ※敬称は略させて頂きました。

2021.10 Shinichi-Yo.

ページトップへ戻る